ジェニー&フレンズ・データBOX

ファッションドール、ジェニー&フレンズについて知っている限りの情報を提供

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

マーバ・バービーとジェニーの比較 

 





ジェニー(タカラバービー)、マーババービーを見慣れた目には
さほど似ているとは思えない両者だが、互換性のあるボディ、
ぱっつんの前髪など見慣れない人には区別がしづらかったらしい。



かく言う私もビリー・ボーイ著「We♡Barbie」に載っていた
初期マーババービーの写真を見て、なぜジェニーがマーババービーと
表記されているのかと疑問に思ってしまったことがある。



けっきょく「人形裁判」「人形戦争」と呼ばれるいざこざに発展してしまったのだが、
バンダイ側は盗用などしていないという。



ことの真相はわかるはずもないが、何故バンダイは
初期マーババービーのまぶたを白にしたのだろうか。



旧ジェニーのアイプリの特徴である白いまぶたと
わざわざ同じにすることはなかったろうに。






J003-04b.jpg J006-04b.jpg

左:タカラバービー 右:初期マーバ・バービー



発売時期が近いので比較画像にタカラバービーを用いてみた。



マーバ・バービーのヘッドそのものは初期・後期とも共通。
細面で面長、口が小さく鼻の穴がある。
タカラバービー・旧ジェニーは顔幅があり、マーバ・バービーと比べるとけっこう大きい。



マーバ・バービーの目は縦長、タカラバービーの目は横長。
まつ毛の描き方などにもそれぞれ特徴があり、見慣れると簡単に区別がつくようになる。






J010-04b.jpg J006-04b.jpg

左:プリンセスジェニー 右:初期マーバ・バービー



通常の旧ジェニーより小顔で目の横幅が小さいプリンセスジェニーだと
ぱっと見もっとよく似ているかもしれない。



発売はプリンセスジェニーの方が遅く1990年。






J005-01.jpg



ボディは当時としてはかなり画期的だったと思う。



首をかしげ足を広げられるうえウエストは球体関節のようになっているので
ある程度曲げたり回したりすることができる。



ただし腕の可動はジェニーと変わらないため両手ぶらりになってしまい
折角の可動もポーズや角度によってはあまり素敵に見えないことも。



クリック足のため深くは曲げられず、膝を曲げてのポーズは取らせにくいが、
曲げた時もまっすぐな時も足のラインが綺麗。






J005-02.jpg

左タカラバービー 右マーバ・バービー



ローヒール用足のタカラバービーに対しマーバ・バービーはハイヒール用の爪先立ち。
足の長さはさほど変わらないが、爪先立ちの分バービーのほうが1cmほど背が高い。
また腕もバービーのほうが1cm長い。
ボディサイズはほぼ同じ。
首もバービーのほうが長い。



ジェニーと同じくらいの腕の長さのマーバ・バービーもある。
日本製・韓国製どちらにもあることから産地の違いではないらしい。






J005-03.jpg

左:腕の短いバービー 右:通常のバービー






首をかしげると表情が豊かになるが、
この首はマーババービーのウィークポイントでもあった。
経年で首が劣化し、割れたりひびが入ったりしてしまうのだ。



また動きが軽いため髪が梳かしづらいので、動かないよう
ヘッドをぐっと押し込める子供や、押し込まれて異様に首が短い状態で
リサイクルショップに出されているバービーを何度か見たことがある。






たまたま行きついた個人ブログやオークションなどでジェニーと間違えられていたり、
謎の人形呼ばわりされていたりするのを見つけてしまうことも多いマーバ・バービーだが、
ここを見てマーバ・バービーという人形がいたこと、ジェニーとは違うんだということを
知ってもらえると嬉しい。






スポンサーサイト

category: マーバ・バービー

tb: 0   cm: 6

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。